[旅]

2014/10/19/[Sun]

久々に、浜松へ永田農法の永田照喜治先生を表敬訪問

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

10月5日に母校の同窓会が東京であり
、行ったついでに静岡の浜松へ。

バジルの師匠でもある永田先生に会いに行ってきました。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

13年前に脱サラして就農した主人のハウスの片隅で、
バジルの栽培を始めた時、ちょうど司牡丹酒造の酒米作りの指導に高知を度々訪れていた永田先生。
司牡丹の竹村社長が春野のハウスや畑に連れて来てくれたのがご縁でした。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

その土地の土と、草と風を見ながら、その土地に合う作物や、栽培方法などをアドバイスしてくれる永田先生のお言葉は、まるで仙人のようでした。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

先生の出版祝いのパーティーに、落合務シェフにバジルを送った時のこと・・・
先生からお礼の電話がかかってきて、「ちょっと糸井さんに代わりますね」とさりげなく代わった電話の声は、なななんと、糸井重里さん。
「いや〜、この時期に(冬でしたから)このバジルの香りは素晴らしいですよ!」
もう、何を話したか頭の中が真っ白になって覚えてないくらい驚きました。
それからもなんだかんだで、落合さんや、分けとく山の野崎さん、洞爺湖サミットの料理長、中村勝宏シェフなど、いろんな方を紹介してくださり、驚かされたことは何度もありました。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

少しご病気をされたりで、もう高知に度々来ることはできませんが、今だにお電話でいろいろとアドバイスをしてくれます。
86歳になられても、世界に目を向けた壮大な夢を持ち続けています。
いつ、お会いしても前向きで、刺激とパワーをもらえます。

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

四万十町での永田農法山田錦の稲刈りのや、先生が命名された「メタセコイアの風」のDVDを見ていただいたとき、
本当にうれしそうでした。
また、お元気で高知にも行きたいと意欲満々の永田先生。

高知でお会いできる日を楽しみにしております!

画像(435x326)・拡大画像(640x480)

Posted by maachan at 00時16分   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)

名前にリンクされて利用されます
コメント:
パスワード
削除時に利用
 この情報をCookieに保存させたい場合にチェック

トラックバック

URLhttp://vegeco.chicappa.jp/tb.php?ID=2031

2014年

10月


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索