[マンボ]

2012/08/31/[Fri]

2012夏休みも、カウントダウン。親子で美味しい自由研究!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

毎年、悩む自由研究の課題。
子供自身が関心があり、楽しみながら調べて、これからも興味が持てるもの・・・。
ふと、7年ほど前に高知で講演された、三國清三シェフの味覚教育の話を思い出しました。
人間の味覚は10〜12歳で出来上がってしまうので、幼児期から、辛い、甘い、酸っぱい、苦いなど、いろんな味を覚えさせ脳を刺激する事が大事。舌から感じる味覚で感性も養われるということ。
確かに、今の子供達は、甘い物や、柔らかいのもばかり与えられ、給食でも、嫌いな物は食べなくてもいい時代。
骨抜き魚や、添加物の味が日常化し、日本人特有の、旨みや、渋み、アクなどが食卓から消え去っています。

画像(225x300)・拡大画像(480x640)

で、チーズが大好きという娘に、いろんなチーズを食べてどう感じるかの味覚体験。

最強のお助けマンは、土佐バルのチーズソムリエ 谷田くん。

無理をお願して、いろんなチーズを少しずつ食べさせてもらいました。

色、形、匂い、硬さ、味など、11歳のチーズ大好き少女の感想はいかに?

臭いとか、昆布やたくあんの匂いとか、
人参の味がしたとか、予想外の感想に、笑ってしまいましたが、この夏休みの味の記憶となって一生残ることでしょう。

谷田チーズソムリエ、ありがとうございました。
弟子になる日も近いかも!

画像(326x435)・拡大画像(480x640)
画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(326x435)・拡大画像(480x640)

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

2012/08/30/[Thu]

水田農園のじゃがいもにハマってます、まさに適地敵作。さすが!いもの名産地、いの町枝川の土力。

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

今年はじゃがいも作ってないのに、よく食べてます。
野菜ソムリエ仲間の、水田さんに分けてもらっているのですが、美味しいのなんの!
シャドークィーンは、もちもち、カリカリのポテトチップスで、コロッケと、ポテトサラダは、とおや以外は使いたくないほどの、ホクホク感。
やっぱり土が違うんですね。土地や気候に合った作物を、作り続けることが、大事だと思います。
水田さんちは、金曜市(愛宕町)に出店してますよ!

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(435x326)・拡大画像(640x480)

Posted by maachan   コメント ( 2 )   トラックバック ( 0 )

2012/08/28/[Tue]

莫大な資産を手に入れた人とシアトルの外務省と老舗料亭!? (まんぼ記)



並べてみるとまっことすごいタイトルですね(笑)
なんのことはない、小学校時代通っていた
久武塾の同窓会です。

この中に司牡丹酒造株式会社の竹村社長もいて
入って来るなり雑誌を前に「やられた!やられた!」を連発。

なんでも、週間現代さんが
「全国の老舗や名家の社是や家訓や哲学などを取材したい」と
会社に来られ、原稿の校正も終了した後に
「ちょっとタイトルが変更になりました☆」
と電話があり、発行された記事がこれだったとか(笑)


ここに来た時にも、
「タクシーの中に傘を忘れた!嫁に叱られる!」と
オロオロしていた社長を思い出し、皆大爆笑。

「だいたい地酒を造って売りよって、いまどき莫大な資産らああるわけないろう!
 新蔵建てた借金ならあるけんど!いよいよ週刊誌は恐いちや!」

と言いながら、ブログや笑いのネタにしてしまうところは
サズガ黒鉄ヒロシさんの親戚!!!
濱長さんもノッてくれ、モテモテの図を演じてくれたり
暫くこの話題で笑えました。

週刊現代」に司牡丹掲載と「翼の王国」に仁淀川掲載ぜよ!
http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan/archives/51773810.html

「濱長」で吉原さん帰国祝いの「久武塾サミット」ぜよ!
http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan/archives/51774101.html


気をとりなおして乾杯☆

この日は久武塾から学芸、東大、外務省に行かれて
私達れでぃ雅雅に、ユーミンが通っていた
キャンティの川添オーナー(佐川にゆかりのある方です)を
紹介して下さった、吉原さんの帰国を祝おうという会でもあったのです。

久武塾出身の乙女姉やん’sのなかちゃんやまあちゃんも出席し
楽しく、美味しいひとときを過ごさせていただきました。


お酒は佐川町のご出身、牧野富太郎氏にちなんで造られた 特別純米酒「ハナトコイシテ」。

私の中では、大好きな「ひやおろし」「船中八策」「日土人」に続く名酒です。
お酒を気持ちから飲みたい私としては、これほど美味しいお酒はなく…

こういった伝統の味そのものが莫大な資産やと思ったら
あながちあのタイトルもうそではないようにも思えるのでした。

この後、濱長の瞳若女将も佐川町のご出身で久武塾だったということが判明☆
懐かしい久武塾の歌を瞳若女将に捧げたいと思います☆

カワハラヒロキ『ばーこんちのばーちゃんが焼いたたこやき』
http://youtu.be/OBZ0nxQOHrI



画像(326x435)・拡大画像(480x640)

実佐子女将、莫大な資産で、こんど大宴会してもらいましょうね。
「夕焼けがあんまり綺麗なき、見に出てきた〜」
と、お出迎えしていただきましたが、夕焼けよりも、女将の方が綺麗でしたよ!

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

2012年

8月


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索