[イベント・講演]

2011/07/04/[Mon]

まあちゃんくのきゅうり終了〜サプライズきゅうりメッセ☆

1
よさこいの時期の田植えシーズンまで
しばしのoff time、家族でゆっくり温泉にでも浸かってきてね。

2
「とにかく、あなた!休みなさい!!!」
と言っているのに、小学校の子ども達の緊急時の避難場所について
まだまだ走り回っている様子。

3
小学校のすぐ裏に山があるのに、
避難訓練に「山を貸せない」って…一体どういうことなんでしょうか?

41
愛を持って対処していただきたいですよね!


今日、その記念すべき今シーズン最後のキュウリと
一年中収穫できるというバジルをいただきました。

「ようやく萬理君の展覧会を観に行けるね」と
2人で向かった先は、星ヶ丘アートヴィレッジ。 
学生時代の知人で、奈良の陶芸家 吉岡萬理君の陶芸展です。
(彼の器、最近タイガーのCMなどでよく見かけるようになりました♪)
banri-m

吉岡萬理 [まいど楽しく使える器] 展 6/18-7/17
●6/18(土)〜7/17(日) 10:00〜18:00 
休館日:6/28(火)・7/5(火)・12(火)
http://artinkochi.flier.jp/artinfo/2011/06/-618-717.html


51
「いい風ですね…」オーナーの平岡さんと
これまた久しぶりの雑談。彼と話していると
「何でもやってみよう!」という気になるから不思議です。

まあちゃんは湯のみを、私はトマトの似合うお皿をゲット。
何か、彼の器使ってると元気が出るんです!

71
おじいちゃんのミニトマトが豊作だったので

81
トマトたっぷりのバジル鍋に、きゅうりは塩だけで
まるかじり。「今年も頑張ったね」と、しみじみと味わいました。

「イートリップ」の野村友里監督が取材においでて、その監督に
「あぞの草や」の映像を取材の資料に送ることになった時
「自分達の信じたことをやってきて本当に良かった」と
感激して泣いてしまいました。

ようやく気持ちが落ち着いて、目からハンカチを離すと
まあちゃんも泣いていて、笑えました。

「20年後の卒業生チーム」として、母校のよさこいOB隊で踊った時、
母校のある追手筋で最後の踊りを披露しました。
地方車のスピーカーから、校歌のイントロが流れた時、
ふと横を見ると、まあちゃんが泣いていたことを思い出しました。

町内の小学校の発表会がピアステージで行われた時も
岡本真夜さんの「♪涙の数だけ強くなれるよ 
アスファルトに咲く花のように」と、舞台の上の子どもたちも
客席の親たちも一緒になって歌いました。
小学校校区が違いますので、席は遠くだったのですが
ノッポのまあちゃんが号泣しているのが見えて
思わずもらい泣きしたものです。


アッツイアッツイ!ハウスの中で、毎日本当にお疲れ様でした☆
歳とると涙もろくなるけど、これからも
「感激なき人生は空虚なり」で行きましょう。


Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

2011/07/03/[Sun]

田舎のシンボル、「電線」

画像(326x435)・拡大画像(480x640)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

高知は、路面電車も走っているし、まだまだ、電信柱に、たくさんの電線が張り巡らされています。
東京に行くと、電柱はなく、街の景観はすっきり、すべて回線は地下の見えないところを走っているのでしょう。

で、何の話かというと・・

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

先月うちのインターネット回線が1週間ほど繋がらなくなっていました。
いろいろと原因を調べたところ、自宅から100Mくらい離れたNTTの回線が、伸びた竹林に阻まれ折れていたようです。
なんか、伸びた竹にも怒れず、そんなとこにしか、電線引っ張っれないのが仕方ないのか・・・。
イライラしていた気持ちが、フッと抜けた感じでした。
地震や、台風などの自然の力に、人間が作ったものなんて、簡単に壊されてしまうのですもの。

と言うわけで、回線は復活しましたが、まだまだブログ更新は約1〜2週間遅れになっております。(単にいい訳です)

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

2011/07/03/[Sun]

旬どきうまいもの自慢会・土佐「夏の集い」 ハモを堪能!

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

6月22日、夏至の日。
昼間、映画「eatrip」の監督、野村友里さんとお会いした興奮状態のまま、夜
司牡丹酒造主催の旬どきうまいもの自慢会・土佐に参加してきました。
年4回、高知の旬の食材と、日本酒を楽しむこの会も、20回目!
今回の、記念すべき食材は、高知県産の絶品ハモ。

京都をはじめ、京阪神に高知の天然ハモの大半がが出荷されているなんて、まったく知らなかった私。
なんせ、こんなに、ハモを食べれるなんて、めったにありませんから!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

今回は、ハモのフルコース
他、高知の旬の食材と共に、
美味しいお酒を堪能。

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

前日、野菜の納品に行った時、
オーナーの刈谷さんに、「白瓜の雷干し」を見せていただきました。
瓜の真ん中を抜き、リンゴの皮むきように長く切って干す「白瓜の雷干し」。
関西の方では、よく食べるそうですが、高知では初めて見ました。
梅雨空の下、つかの間の太陽光に、雷のように干された白瓜。なかなか、風流な光景です。
食べると、水っぽさが抜けで、カリカリした食感が良く、参加された皆さまも、驚いていました。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

佐々木さんの「コロンブスの茶卵」
じゅんさいと絡んで、最高です。

画像(225x300)・拡大画像(480x640)

ファームべジコのコリンキーと、キュウリは、早川さんの
足摺レッド(永田農法高糖度赤たまねぎ)と共に、サラダに!

上には、トマトをシャーベット状にしたものをかけ、ひんやり爽やかな、夏のサラダにしてくれました。
感激!




そして、このイベントならではの、旬のお酒!
「船中八策うすにごり」、最高です!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

   ハモの押しずし

画像(300x225)・拡大画像(640x480)


    ハモのお出汁、たまりません!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

ハモの天ぷら。
添えられた、オクラ、ヤングコーンの天ぷら、
特に、足摺レッドの天ぷらは、ホクホクした甘さに驚きました。火を通すと、甘みが増すのですね。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)


こんな季節に、こんな焼きカニ食べられるなんて・・・
6月22日は、カニの日なのだそうです。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

メロン、小夏、やまもも、すももも、初夏を感じる、高知の果実。

今回の、このイベントも、高知の食材の豊富さと、美味しさに感動させられました。
そして、一品々のお料理に合わせられた、司牡丹のお酒。
参加の皆様の幸せそうな笑顔、うれしくなりますね。

早くも、秋の集いが、待ち遠しくなってきました。
早速、秋に向けて、野菜の準備もしなくては・・・。

「花鶴」の刈谷さん、そして、司牡丹酒造の竹村社長、ありがとうございました。

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

2011年

7月


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索