[旅]

2012/10/09/[Tue]

窪川の、日土人酒米農家の皆さんのおもてなしは最高です!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

数年前に原発建設を反対し、この豊かな土地を守ってきた旧窪川町の皆さん。
自分達で育てた酒米で作られたお酒を、「美味しい、美味しい、最高や!」と飲み交わす笑顔は、本当の幸せってこういう事だと、いつも実感させられます。
まさに、幸福実感度は日本一です。
今回の、酒米稲刈後の、懇親会も、150個以上のコンテナを、いろんなところから集めて椅子にし、BBQ,おにぎり、サラダ、デザートなど、最高のおもてなしをしてくださいました。手作りの移動式石窯で、焼くピザは、鳩オヤジの仁井田米の米粉使用、ファームべジコのバジルを添え、大好評でした。

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

今回、私的にヒットメニューは、
窪川ポークの、ロース&バラ肉のシャブシャブ。

地元の水耕栽培のセリがまた最高に合うんです。

そりゃ、なんてったって、豚肉が美味しい!

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

おかわり3回もしてしまいました(笑)

四万十クラインガルデンに移住されている方々と、地元の農家さんとの絆、代々受け継がれている地域のコミュニティ、
皆さんの温かいおもてなしが、毎回参加者が増えている理由です。

おかげさまで、心の故郷になってますよ!ありがとうございます!

(ウソのような、ほんとの話。酒米作りのリーダー佐々木さんとは、本当に親戚なのです)

画像(435x326)・拡大画像(640x480)

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

2012/10/09/[Tue]

メタセコイヤの木の下で、140名の日土人酒米稲刈り&窪川ポークBBQ


10月7日(日)、日本名門酒会
土佐学協会のコラボレーション企画、
5年目の第2弾で、純米酒「日土人(ひとびと)」になる永田農法「山田錦」の稲刈り体験と交流会が、
四万十町で開催されました。

この取材の映像が、来年3月3日映画「イートリップ」の野村友里監督
お迎えして開催される野村友里さんと語るイ―トリップ
ウエルカム映像作品にしてもらえるということで
「思い出がかり」も張り切って、取材撮影させていただきました!


参加人数約140名!!!


まずは、トラクターの上から
純米酒「日土人(ひとびと)」の蔵元である
司牡丹酒造株式会社の竹村社長からの挨拶と注意事項。


5月に同じ呼びかけで集まった人々による田植えも成功し、
先週の台風の風にもなぎ倒されることなく、
ぷくぷくといいお米に成長しました。


たわわに実り、田圃を埋め尽くした稲も


140名の手にかかれば、「あっ」ちゅう間に終了〜☆


まぁ、この方々の動きの早かったこと!
さすが、ベテランです☆


メタセコイヤの木の下に大移動して
さぁ、お待ちかねの窪川ポークの大バーベキュー慰労会☆


仁井田米のおむすびに、コロンブスの茶まごを使った
茶まごかけごはんコーナーもうれしい!


乾杯の後は


各ブロックに衣裳ケースで運ばれてくる
窪川ポーク!!!


この日収穫したお米で、このお酒が作られます♪


そして、うれしいことにそのラベルには
参加者全員の名前が印刷されるのです。


まあちゃんも石窯ピザコーナーにバジルを提供☆
子どもたちにも大人気でした!


偶然座ったとなりの方が、オセロ10周年記念の客様で、
けんさんを見て「メガネふりくって落とした人や☆」と
喜んでくれました。
伝説のライブだと言ってもらえてました!!!


食事の後は丸太切り大会(笑)


これは、盛り上がった〜☆


優勝賞品が、仁井田米ですもの。
優勝は、窪川農家チーム!


「どうしても優勝トロフィーを持って帰りたかった!」というそのわけは


おばちゃんがボウリング大会で優勝した時にいただいたトロフィーを
鳩オヤジが勝手に改造して持ってきてしまったらしいんです(笑)


帰りは、風工房でケーキを食べて、大正市場で干物を買って、
くれ天を買って帰りました。

ここに書ききれなかった思い、
「メタセコイヤの風」という映像に託しますので
是非、3月3日、見にきて下さいね☆

詳しくは来年頭には「土佐のおきゃく」のパンフレットに掲載されますので
よろしくお願いします!!!

関連ブログ
老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblog 「口は幸せのもと!
「日土人」活動5年目第2弾!稲刈り体験と交流会ぜよ!

http://blog.livedoor.jp/tsukasabotan/archives/51781164.html

Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

2012/10/09/[Tue]

50歳の修学旅行 in 黒潮本陣(まんぼ記)


集まりがいいことで知られる「土佐女子高校78期生」
33歳の時は貸し切りバスで
「日和佐厄抜けツアー」というのに出掛けました。

40歳の時は「土佐女子OB卒業生チーム」という
よさこいのチームを作って、追手筋で現役高校生と
並んで踊りました。

そして今回の案内状のタイトルは
「50歳の修学旅行」

たまたま翌日窪川で「思い出がかり」の取材があったため
まあちゃんらと一緒に申し込みました…が…

1週間前に来た台風の影響で1週間こけた体育祭やイベントの影響で
まあちゃんを含む約20名ほどがキャンセル。
幹事さんドキドキの当日を迎えました。



草やの仕事を終え、高速で中土佐町久礼まで
なんと!1時間ほどで合流先の
黒潮本陣に到着。

コテージから見る夕暮れの太平洋の眺めは最高☆


すぐ下の港では「港まつり」が開催されているようで
「ん?何か聞き覚えのある太鼓の音が聞こえるぞ」と思ったら
花山海〜♪ではありませんか!!!

暫くコテージからライブ音楽を楽しんで、夕食をいただく本館へ
向かいました。



10年前のよさこいを企画したメンバーまぁとルカに
神戸から未だ現役モデルのゆか
ジューンブライドのミュージシャン&嶺北フラワー農家のみどりちゃん。

この時まで、誰が参加しているのか分かりませんでした(笑)
こんな企画でもなければ、なかなか一緒に旅をすることはない
珍しい組み合わせでした。


介護や子やらいや、年々集まることが難しくなった苦労話や
幹事から今回の台風でキャンセル続出になった不安などを
一通り聞いた後は


美味しいものさえ前にあれば
「来て良かった〜!」を連発。


特に、鰹の本場中土佐町でいただく
脂がのった塩タタキの味は絶品でした。


いつもノンアルコールで我慢するのですが


今日は車で帰ることもないので
ガッツリ飲ませていただきました。




入浴後、コテージに帰って、持ち込みのお酒とつまみで2次会開始。


「今回参加した人の特典として、10年後皆若返っているように」と
美魔女ゆかの指導で、顔つまみ美容法を教えてもらったり
ストレッチで人生観まで変わったというまぁの指導で、
「アイテテテテ、無理、無理!!!」などと叫びつつ
夜はふけてゆきました。

部屋は3つもありますので、例えば食料持ち込みで2家族8名で来たら
コテージ料金20,000円÷8名。一人2,500円!!!
お風呂料金を別にしても安いかも☆

私は美魔女ゆかの隣のお布団。
彼女がまだお顔の手入れをしている内から
ゴーゴー寝らしていただきました。



朝焼けの黒潮本陣。
早朝の露天風呂へ。


見返り美魔女。


歳相応にふけていただかないと困るんですけど〜。


と言いながら「チャンス!」とばかりに、
プロのモデルをタダで写しまくる私。


そして、露天風呂シーン。


みんなで見た、このパノラマの海を染めた朝焼けの景色
忘れません。

みんなは岩場を走り回って撮影に没頭する私の姿が
忘れられないとのこと(笑)




その後朝食をいただき


まだまだコテージで話足りない皆を残して
一路窪川の稲刈りへ。

高速が通って、連休中はどこも人がごった返している
中土佐町を後にしました。


Posted by maachan   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

2012年

10月


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索