[農作業]

2013/06/29/[Sat]

苦しい時に思い出す、100本ノックに耐えた夏。人生、何が役に立つのやら?

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

5月末でキュウリの収穫を終了し、約10日間、ハウスを締め切り、太陽熱で枯らせます。
日中は60度くらいになり、側を通るだけで、熱風でやけどしそうなほどです。

カラカラに枯れたところで、全開にして、ハウスの外に撤去。
枯れてはいるものの、約2000本のキュウリから、3本づづの延ばした枝は約20mくらいに伸び、運びだすのも重労働。
目に汗が入って痛いのも、この時期のこの作業。

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

撤去したら、すぐに次期シーズンの土作り。
20キロの資材や肥料を約80袋、散布。

約4トンの自家製堆肥を運搬車で運び、スコップで、まき散らします。
体力勝負の6月です。

画像(435x326)・拡大画像(640x480)
画像(300x225)・拡大画像(640x480)

黙々と苦しい仕事をしている時、決まって思い出すのが、高校時代のバスケットボールでの練習。
高3の夏、キャプテンとして、監督からの100本ノック。
炎天下、全部員の熱い声援を受け、代表として挑む使命感。

苦しい時に、苦しそうにしない、「なにクソ」と歯を食いしばる、
「やってやろうじゃないか」と、はみかえる根性。
今になってあの苦しい体験が役に立っています(笑)

画像(300x225)・拡大画像(640x480)

とは言っても、もう50歳を過ぎてますので、気持ちは同じでも体力は限界。

しばらく、腰や、肩、背中が痛い日々。

年には勝てませんが、苦しくても涼しい顔でがんばってます。
仕事の後、冷えたビールを飲むのを楽しみにね(笑)

Posted by maachan at 23時26分   コメント ( 0 )   トラックバック ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)

名前にリンクされて利用されます
コメント:
パスワード
削除時に利用
 この情報をCookieに保存させたい場合にチェック

トラックバック

URLhttp://vegeco.chicappa.jp/tb.php?ID=1746

2013年

6月


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索